100M走 10歳 300 4スタンス理論 50m走 80対20の法則 ADHD crosstraining e-sports edm Instagram JOCエリートアカデミー Nesta NESTA-PFT OODA PDCA Pilates PNF QUINTET RIZIN SAQ 「使いすぎが原因によるスポーツ障害」 あまのじゃく いじめ いじめ対策 いじめ解決法 おもちゃ お盆 お盆休暇 お風呂 かけっこ けりだし けん玉 こま ご褒美 その気 だんすだんすれぼりゅーしょん ひざ痛 ぶら下がり ほふく前進 もしドラ やりすぎ やりたいこと やる気 れんしゅうりょう わんちゃん わんぱく相撲 アインシュタイン アウトドア アウトプット アクティビティ アクティビティー アクティブレスト アジリティ アジリティトレーニング アジリティー アスペルガー アスレチック アドバイス アドレナリン アニメ アミノ酸 アメフト アルギニン アルティメット アーチェリー イケメン イメージトレーニング‘ インサイドキック インスタ インスタグラム インステップキック インソール インターバルトレーニング インナーマッスル イースポーツ ウィダーインゼリー ウェイトリフティング ウォールラン エアロビ エクストリームスポーツ エネルギー エリート エルゴメーター オイルマッサージ オスグッド オスグッド・シュラッター病 オリンピック オーバートレーニング オーバーリーチング オーバーワーク オールラウンド カテコールアミン カヌー カポエイラ カポエラ カンフー カースト制度 カーリング ガチャピン キセキの世代 キックベース キックボクシング キックボード キッズトレーナー キャッチ キャプテン翼 キャンプ キン肉マン クインテット クライミング クレイジー クロストレーニング グラップリング グリーンアロー ケンケンパ ゲーセン ゲーム ゲームセンター コマ コントラクションリラックス コントロール コンバート コーチ コーチング コーディネーショントレーニング コーラ ゴルフ ゴールキーパー ゴールデンエイジ サッカー サブスポーツ サプリ サプリメント サボり サーカス シンメトリー ジャンプ ジュース スイング スキップ スキンシップ スキー スケボー スケート スケートボード スタビリティートレーニング ストレッチ スノーボード スパルタ スパルタンレース スポンサー スポーツ スポーツの選び方 スポーツの選択 スポーツテスト スポーツトレーナー スポーツマンの食事 スポーツ万能 スポーツ外傷 スポーツ損傷 スポーツ教室 スポーツ栄養学 スポーツ興行 スポーツ選手 スポーツ障害 スマイル スラックライン スラックレール スランプ スロー スロートレーニング セロトニン ソフトボール ソフトボール投げ ゾーン タックル タバタ式トレーニング タンパク質 ダイナミックストレッチング ダイビングキャッチ ダッシュ ダッシュ力 ダンス ダンスダンスレボリューション ダンレボ チェイスタグ チェス チョコレート ツイスター テニス テンション デッドリフト デートの誘い方 トランポリン トレーナー トレーニング ドッヂボール ドラゴンボール ドラッカー ドリブル ドリル練習 ドーパミン ネバーギブアップ ノア ノルアドレナリン ハムストリングス ハンドアイコーディネーション ハードワーク バク宙 バク転 バスケ バスケット バスケットボール バッティング バッティングセンター バトミントン バランス バランストレーニング バランスボール バランス能力 バランス訓練 バルサ バレンタイン バレーボール バーンアウト パス練習 パフォーマンス パフォーマンス向上 パルクール パワー系スポーツ パン パンチ パンチングミット パーソナルトレーナー パーソナルヒップトレーナー ヒエラルキー ヒーロー ビックボディー ビッグボディー ピッチャー ピッチング ピラティス ピンク筋肉 ファッション ファルトレク ファンクショナルトレーニング フィギュア フィジカルアスリート フィジカルエリート フィットネストレーナー フィニッシュホールド フィールドアスレチック フォーム フットサル フットワーク フリスビー フリーランニング フロントブリッジ ブチかまし ブラジル体操 ブルースリー ブンデスリーガ ブンデスリーガー プライオメトリクス プライオメトリクストレーニング プライオメトリック プライオメトリックトレーニング プランク プレゴールデンエイジ プロ プロアスリート プロスポーツ プロスポーツ選手 プロテイン プロリーグ プロレス プロレスリング プロ野球 ベンチプレス ペダル ホルモン ホールドリラックス ボクシング ボディービル ボディーボード ボルダリング ボート ポケモン ポジティブ ポストゴールデンエイジ ポテンシャル マインドスポーツ マシントレーニング マッサージ マッスルスパーク マラソン マラソン大会 ミット打ち ミラードリル メインスポーツ メカニカルストレス メディシンボール メンタル メンタルトレーニング メンタルトレーンング モイストヒーリング モチベーション モテる モテるスポーツ モモタロウ ヤムチャ ヨガ ヨコミネ ヨコミネ式 ヨット ライジン ライバル ラグビー ラフターヨガ リズム リズムトレーニング リズム能力 リハビリ リフレクソロジー リミッター リラックス リレー リレーの選手 ルール レイアップシュート レクリエーション レクレーション レスセン レスラー レスリング レッスン ロッククライミング ロデオ ワイズ ワンハンドシュート ワンパンマン 一休さん 一流 一番 三半規管 下半身 中国拳法 乗馬 乳糖不耐症 五輪書 人生 人間 今でしょ 仕事 仲間 伊調馨 休み 休養 位置覚 低身長 体が固い 体づくり 体力テスト 体幹 体幹トレーニング 体感トレーニング 体操 体操教室 体格 体育 体重 偏差値 先取点 先天的 先生 入浴 全国大会 出稽古 初動作負荷トレーニング 初勝利 判断 判断能力 前屈 剣道 力の流れ 助走 努力 効率 動き 動体視力 動画 動的ストレッチ 勝ち 勝ち組 勝利 勝負 勝負勘 勝負強さ 匍匐前進 卓球 協調性 危険 反射 反復横跳び 反復練習 反応 受け身 叱咤激励 合同練習 合気 合気道 吉本新喜劇 問題解決 基礎練習 報酬 壁登り 声かけ 多動力 大臀筋 天邪鬼 太鼓の達人 夫婦 好奇心 子供 学校 宇宙 室伏 宮本武蔵 宮田和幸 射撃 将棋 小学生 左右対称 左右非対称 布団の中 帽子 幅広 平均台 平衡感覚 幼少期 強制 後天的 後屈 徒競走 得意技 心技体 心理戦 心肺機能向上 必殺技 応援 思考 怪我 怪我をしにくい 怪我予防 恋愛 情報伝達回路 感動 憧れ 懸垂 成長 成長ホルモン 成長期 成長痛 扁平足 手を繋ぐ 才能 技術 技術習得 投球 持久力 持久系スポーツ 持久走 指導 指導者 指示 挫折 授業 握力 擬似扁平足 敏捷性 敗北 教育 教育方針 新スポーツ 新チーム 新体力テスト 方針 日本人向き 早く走る方法 最強 朝練 木登り 条件反射 東京オリンピック 柔術 柔軟性 柔道 柔道部物語 栄養 栄養学 根性 格闘技 桃筋 桃色筋肉 楽しそう 楽しむ 構え 正直 武井壮 歩兵 水泳 決定 決断 決断力 泣く 浮気 漫画 火ノ丸相撲 火傷 炭酸抜きコーラ 無差別級 無理やり 熱中症 熱中症対策 燃え尽き症候群 父親 父親コーチ 牛乳 球技 理学療法士 生き方 異種格闘技 疲労回復 病院 痛み 監督 目標 目標設定 相撲 睡眠 瞬発力 短距離 砂浜トレーニング 神経 神経系 種目変更 稽古 空手 突き 立会い 立位体前屈 競争 競技 競技変更 競技継続 笑い 笑顔 第六感 筋トレ 筋力アップ 筋力トレーニング 筋肉 筋肉痛 筋肉系 筋肉足底 精神力 精神的 糖質 結果 継続 続ける 続ける技術 綱引き 緊張 練習 練習量 縄跳び 美人 習い事 習い事の回数 習い事の種類 股関節戦略 育成 腰痛 腹筋 膝の痛み 膝痛 自主性 自信 自分勝手 自然 自衛隊 自転車 自閉症 興味 裸足 褒めて伸ばす 褒める 見学 見守り 覚醒 言う事を聞かない 詠春拳 試合 話を聞かない 誕生日 課題 課題設定 諦めない 負け 走り方 超回復 足底 足裏 足趾 足関節戦略 跳び箱 跳躍 踏み出し 身体が柔らかい 身体作り 身体能力 身分制度 身長 転生 辞める 逆三角形 逆立ち 速く走る方法 連動性 進化 遊び 運動 運動会 運動偏差値 運動前 運動神経 運動能力向上 運動覚 遠投 遺伝 部活 重心 重心移動 野球 長座体前屈 長距離 間接覚 関節 関節可動域 陸上 障害 障害物競走 集中力がない 雨の日 雪合戦 雪遊び 電玉 電車 青竹ふみ 静的ストレッチ 音楽 音楽の効果 食事 食事栄養学 馬跳び 駆け引き 高校生 高身長 鬼ごっこ 黒子のバスケ

神経系に作用するトレーニングはやはり反復練習。

同じ動きを繰り返し練習するということは 同じ神経経路を繰り返したどるという事。 同じ神経経路をたどるという事は 容易にその神経経路をたどれるようになるという事。 容易に神経経路をたどれるという事は その動きが容易に出来るようになるという事。 そうやって人間は一つ一つの動きに対して情報伝達回路を形成していく。 【卓球】すげぇ!張本智和もこんなトレーニングしたら強くなるわ、、神業を繰りだすのは訳がある!【table tennis】(Harimoto Tomokazu) しかし、間違った動きで覚えてしまうと 間違った情報伝達回路を形成してしまう。 間違った経路を修正することは 初めから経路を作るよりも難しい。 素人の女性はゴルフがうまくなる説は本当なのだ。 スポーツにおいて指導者の話は素直に聞くべきだが 社会において素直すぎるのは考え物だと私は思う。 『常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう』byアインシュタイン無限の可能性を引き出す! 超訳こども「アインシュタインの言葉」

続きを読む

リズムトレーニングに最近はまっています。

少し前から始めたリズムトレーニングに行ってきた。 セミプロのお兄さん達がやっている中 入り込んでいくのは気がひけるけど 子供のために僕は言うよ。 「ちょっと一回やっていいかな」 無言でどいていったけど 話しかけたんだからなんか返事しろよ。 コミュニケーション苦手なんかな・・・ この人スゴイw太鼓の達人!画面隠してフルコンボっ|Taiko no Tatsujin Amazing tricks 運動神経を構成する要素として以下の7つがあると言われている。 識別能力・定位能力・バランス・連結能力・リズム・反応能力・転換能力 これらの能力は生まれつきではなく後天的に身につけることができる。 ただその能力を身につけられる時期は短く せいぜい小学生まで。 これら7つの能力を総合的に身につけた子供が いわゆるスポーツ万能と言われるのである。 昔は遊びの中でこれらの能力が自然に身についたらしいが 最近は公園でのボール使用禁止という クソみたいなルールとモバイルゲームの流行により 子供の運動神経は確実に落ちている。 しかしスポーツにおける記録の数値を見ると それは確実に伸びている。 これはどういうことか・・・ 要は二極化である。 日々トレーニング内容は進化していて より効率的に能力の向上が図られているのだから 伸びるやつは伸びる。 それと逆に何もしないやつは運動不足になっていく。 別に運動しない子供にどうこういうつもりはないが …

続きを読む

運動神経を良くするならコーディネーショントレーニング。

スポーツ教室に行ってきた。 内容は知らなかったが 面白そうなのでとりあえず参加してみた。 まずは、走る、飛ぶ、投げるなどの動作における 重要なポイントを小分けにしてやらせて 最後は、それらの動きを合わせた遊びを行う感じだった。 あとは、体幹や反応を意識した遊びトレーニングも入っていたかな。 よく考えられた内容で 複数の動きを同時に行う「コーディネーショントレーニング」を意識したものと考える。 コーディネーショントレーニングは運動神経をよくするにはもってこいのトレーニング手法で 頭のトレーニングみたいなもの。 運動神経が良いって言うのは 実は脳みそと身体の連携がどれだけスムーズにできるかって言うことに尽きる。 どれだけ早いか、どれだけ強いかの話ではない。 どれだけ身体を自由に動かせるかなのだ。 NBA現在進行形の伝説!ドウェイン・ウェイドのトレーニング【バスケ】 一つ一つの動きを小分けに学んでから それらを組み合わせた動きを行うので はじめての動きでもみんな対応していた。 遊びを通しているので子供達のモチベーションもマックスだ。 子供達のポテンシャル引き出してるなーと言う感想と同時に 普通のお母さん達には遊んでいるようにしか見えないんだろうなーと言う感想もあった。 運動神経がよくなる本-「バランス」「移動」「操作」で身体は変わる!

続きを読む

新体力テスト(スポーツテスト)でA判定! 偏差値70越えだと⁉

スポーツテスト(新体力テスト)でA判定をもらった。 A判定は嬉しいのだけど驚いたのは 偏差値70.6⁉ 最近はスポーツテストで偏差値まで出るのね。 知らなかった。 勉強の偏差値で考えると超天才なんじゃね? って思っちゃう。 ただ結果をよく見ると種目ごとの点数にだいぶばらつきがある。 この辺でやっている競技の特徴が出るんだろうけど・・・。 そこで思った。 ちょっと教えれば大幅に点数変わるんじゃね。 そもそもスポーツテストの種目って スポーツの種目は一つも入っていない。 だから基本的にスペシャリストは一人もいない世界。 おそらくスポーツテストの種目に特化して教えることが出来れば 誰でも偏差値10はアップできると思う。 スポーツテストの種目一つにしても技術になる。 つまりやり方のコツを教えれば誰でも点数アップは図れる。 例えば反復横跳び。 一番大事なことは 身体の位置は左右に動かさず 足を端の線に伸ばすような動きにする事。 足がもつれず高記録!反復横跳びのコツ では、スポーツテストの成績=スポーツで結果を残すことが出来るのか というとそれは違う。 スポーツテストはスポーツテストの技術が必要であって 例えばサッカーならサッカーの技術が必要なのだ。 だからやっきになってスポーツテストの成績を上げようとは思わない方がいい。 でもステータス的にスポーツテストA判定ぐらいはあってもいいかもしれない。 …

続きを読む

小学生低学年までは絶対フィールドアスレチック‼️

未就学児から小学生低学年には特にフィールドアスレチックがいいよね。 沢山の動き方を獲得できる。 プレゴールデンエイジと言われる3〜8歳ぐらいは 色々な運動をした方が良いと言われているけど ここには全てが詰まっていると言っても過言ではない。 一つ一つ説明もできないくらい多くの動きを獲得出来る。 運動神経は10歳で決まる! そして何より子供と一緒に大人も遊べるのもいいよね! ただ、フィールドアスレチックで遊んでいれば 特定の競技例えばサッカーが上手くなると言うことはもちろんない。 特に球技に関しては小さい頃からその種目に関わる必要があるのでご注意を。 あくまで基本の運動能力をあげるのが遊びだと言うことをお忘れなく。 一番アスレチックに近い競技といえば スパルタンレースかな。 Spartan Kids Race

続きを読む

いじめ対策として仲間をつくるという方法がある。

(3年前の写真) 今日は2019年レスリングの練習初め。 練習の後、子供たちだけでファミレスに飯を食いに行った。 親無しでは初めてかもしれない。 成長したなーと思いつつ昔を思い出した。 レスリングを始めてから3年。 初めは弱すぎて誰も相手をしてくれなかった。 いじめかと思うぐらい仲間外れ。 心配だからできるだけ練習は見ているようにした。 2年ぐらいしてやっと仲間っぽくなってきて 今では友達と会いたいという理由で 練習に行くようになった。 運動自体を楽しくやるのも大事だけど 一緒に練習する仲間がいることはとても大事。 親友って楽しい時間を共に過ごしたやつじゃなく 辛い時間を共に過ごしたやつなんじゃないかな。 学校以外の場所で仲間を作るというのはどうだろうか。 海に出るのもいいと思うよ。 ルフィの仲間力  『ONE PIECE』流、周りの人を味方に変える法

続きを読む

もっと見る

応援ポチっとお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ