運動会で一等を取りたいのであれば、スキップ走法をマスターしろ!

四年生の息子がリレーの選手になりましたー! ありがとうございます! 3年生に引き続き2年連続ではありますが 実は1、2年生の時はリレーの選手に選ばれませんでした。 身体能力は高いはずなのになぜだ? と思って走るフォーム見たら 力が無駄に外に逃げるような走りだったんですよ。 申し訳ない。 これはちゃんとフォームチェックしてなかったパパの責任だと思い ちょこちょこ走るフォームチェックをするようにしました。 今でもたまにしています。 ポイントは3つ。 ・足や手を外に開きすぎない。 ・徐々にペースを上げていく。 ・飛び跳ねるように走る。 細かく言えばもっとたくさんポイントはあるんだけど 小学生ならまずこの3つ これができるようになると 地面をとらえることができるようになり 走る事が楽しくなる。 結果 自主的に遊びでどんどん走るようになり 足が速くなる。 という流れができる。 スキップから生まれるスプリント力 陸上競技っていうのは基本的には自分との戦いになるので 孤独な競技だ。 まずは地球と友達になって 走る手応えを感じてほしい。 スプリント力を上げる!つま先力トレーニング

続きを読む

ダンスダンスレボリューションは、もはやアジリティトレーニング。

ダンスダンスレボリューションをメルカリで買った。 プレステって今は04なのかな。 そんな時代なのに私が購入したのは01。 つまり初代プレステ用のソフト。 まあプレステのバージョンは何でも良かったんだけど とにかくダンレボをやらせたかったの。 この動きってさー ラダートレーニングに似てると思わない? これはもうアジリティトレーニングだよね。 我ながら良いところに目をつけたなと思うわけ。 アジリティとは「情報に反応して素早く正確に方向を変える能力」の事。 ラグビー、サッカー、バスケとか相手に対して素早く反応するスポーツで特に必要な能力なんだけど 私の場合そういう意味でアジリティを取り入れたいわけじゃない。 アジリティトレーニングを取り入れる理由は怪我をさせたくないから。 これが世界最速の俊敏性!高速スピードトレーニング 怪我って色々あって大きく分けると2つある。 ・やりすぎによる怪我(オスグッド病、シーバー病、野球肘など) ・アクシデントによる怪我(骨折、捻挫、脱臼、打撲、肉離れ) アジリティトレーニングで効果のあるのは後者 そして、アクシデントによる怪我にもまた2種類ある。 ・相手がぶつかってくるような接触パターン ・身体の反応が遅れる非接触パターン 前者のパターンは相手次第なところもあるので防ぐのは難しいけど 後者の身体の反応が遅れるパターンはアジリティトレーニングで予防できる。 アクシデントによる怪我(骨折、捻挫、脱臼、…

続きを読む

ドーパミンをドバドバ出して良いんだよ。

人生は勝つから面白いんだよ。 負けて面白いやつっているの? そして、勝つ奴は勝ち続けるし 負ける奴は負け続けるんだよ。 肝心なのは勝ち負けが理解出来る年頃の時で 「勝つ → 面白い → もっとやる → 上手くなる → 勝つ」 この流れが一度出来れば、途中負けた場合でも復活できる。 負けから始まると 「負ける → 面白くない → やりたくない → 苦手意識 → 負ける」 と言う流れになる。 負けから始まると以下の発想にはならない。 「負ける → 悔しい → 練習する → 上手くなる → 勝つ」  この発想は、一度勝ち続けるルーチンを手に入れた者だけのものだ。 んで、何を持って勝ち負けを決めるかって話なんだけど 自分が勝ったと思うかどうかなんだよね。 例えば子供のケンカの後に明らかに負けたっぽい子が 遠くからバーカバーカっていうやついるじゃん。 こいつは負けを認めていないから勝ち組。 さらに後日、「俺はあいつに勝ったぜ」とか言い出す。 言葉には不思議な力があって 嘘でも何でも勝った勝った言っていると 頭の中で本当に勝ったこととして脳が認識しだす。 どうやって勝ち組の脳みそに育てるかっていうと やっぱり大事なのは親なんだよね。 とにかく褒める事。 褒め続けて有能感を味あわせるの。 何かしらの試合に負けたとしても良いところを褒めるの。 今日の試合はここが良かったねとかさ。 試合の勝ち負けじゃないの。 自分自身が勝…

続きを読む

あなたはGW中にトレーニングを休むつもりですか⁉︎

もうすぐGWですね。 その間はトレーンング続けますか? 人間の身体はオーバーリーチングすることによって超回復し 以前よりも少しだけ筋力の向上が起こる。 トレーンング強度の目安は2〜3日で回復する程度。 これが一般的に知られている筋トレの常識。 しかし、トレーニング上級者になると トレーニング強度が高くなり、回復期間が長くなる。 MAXで2週間。 それ以上たっても回復しない場合オーバートレーニングである。 もしも長期休暇を取る場合は せっかくなので休暇中にもトレーニングをすればいいと思う。 人間の身体は不思議なもので同じようなトレーニングを続けると 身体が順応してしまい効率的に超回復が得られなくなる。 トレーニング方法や負荷はたまに変えた方がいいのだ。 筋肉に刺激を入れると言う意味で最も手っ取り早いのは はじめてのスポーツやトレーニングをする事。 みんなにも経験がないだろうか。 いつも運動しているにもかかわらず 初めてスキー・スノボをやった時の以上な筋肉痛。 私はある。 でも何回かやると筋肉痛がなくなっていくのね。 不思議。 GW中にオススメのスポーツを紹介する。 ラフティング・カヌー・カヤック・スキューバダイビング・シュノーケリング・サップ・パラセーリング・サーフィン・バンジージャンプ・パラグライダー・乗馬・バギー・マウンテンバイク・トレッキング・ツリークライミング・ロッククライミング・ボルダリング とにかく初め…

続きを読む

プロスポーツ興行は新しいものが出来ていくし、無ければ作ればいい。

RIZINの試合を見に行ってきた。 レスリングの先生が出場するから応援に行ってきた。 この前ラグビーの試合も見てきたけど やっぱり生のプロスポーツイベントって迫力がある。 テレビの方が見やすかったりはするけど 生でしか伝わらないものがある。 息子も面白かったと言っていた。 自分もこのスポットライトを浴びてみたいと思ってくれたら嬉しいな。 別に総合格闘技をやって欲しいわけではない。 格闘技イベントも最近はいろんなルールのものがある。 打撃なしで寝技だけ競うQUINTETって言うスポーツ興行が出た時は驚いた。 打撃なしでも格闘技イベントって面白いんだと言う事を知った。 Fight Night 3 Tokyo PV1〈日本語〉 きっとこれからも新しいプロスポーツが出てくるんだと思う。 今ではメジャーなJリーグも私が子供の頃はなかったしね。 プロサッカー選手になるなんて夢は持てなかった。 でも今は違う。 どんなマイナースポーツだってプロ競技が出来る時代になると思う。 なければ自分で作ればいいし 私が作ったっていい。 海外に目を向けてもいいし YouTubeなんかを利用すればなんだってできる時代だ。 きっと子供達が大人になる頃は YouTubeではない新しい情報発信手段もできていると思うけど。 まあ先の事を色々考えたってしょうがない。 目の前の事に毎日全力で向かうだけだ。 [日めくり] まいにち、修造! 心を元気にする本気の応援メッセージ

続きを読む

先取点の絶対的有利を覆す精神力の鍛錬にキン肉マンは欠かせない。

ラグビーを見に行ってきた。 出来るだけ多く一流のプレーを見せてあげたいから。 応援していたチームが前半大差で勝っていたのに 後半怒涛の得点ラッシュで惜敗。 得点されてからの立ち直りに問題があるんじゃなかろうか。 そう言えばうちの子もそういう傾向があるなー。 先取点を取られると急に焦り出して大技逆転を狙おうとした結果自滅する。 この癖は直さなきゃいけない。 現在アマゾンプライムビデオのキン肉マンを1話から見て修正中。 そう。 ネバーギブアップの精神を植えつけたいから。 Kinnikuman's Theme - Kiseki no Gyakuten Fighter 勝ち急いではいけない。 最近は自分にもそう言い聞かせている。 焦らずに確実に一歩ずつ。 学習漫画 世界の伝記 一休さん とんちで名高い禅宗の僧

続きを読む

身長を伸ばすためにはメカニカルストレスが必要。

レスリングの練習の帰り道で 「懸垂10回できたら10円ちょうだい」 と言われた。 「10回10円、15回20円、20回30円やるよ」 と言ったら、15回やったんだけど ちゃんと肘を伸ばしていなかったので おまけして10回の判定。 もちろんパパが見本の15回を見せてやったぜ! ぶら下がり対決します!!|Hanging showdown!! 懸垂をすると身長が伸びる説がまことしやかに噂されている。 本当なのであろうか? これも賛否両論ある話なのだけど 私としては効果があると思う。 それは普段伸ばされることのない脊髄の椎間板(軟骨)や体幹の筋肉をストレッチできるからである。 おそらく即効で1cmくらい伸びると思う。 宇宙で身長が伸びるというのも重力から解放されるという同じ原理。 持続時間は短いけれど もしも寝る前に毎日ぶら下がり健康器にぶら下がることが出来れば それなりの効果は期待できると思う。 それと身長を伸ばす上で大事な事の一つに運動がある事をご存知だろうか? 骨形成にはある程度のメカニカルストレスが必要だと言われていて それは骨への縦方向からの負荷 つまり立って行う運動の事。 骨密度を高めたり維持するうえで大切なのが「運動」です。運動によって骨に負荷が加わると、骨に弱いマイナスの電気が発生してカルシウムを呼び寄せ、骨にカルシウムが沈着しやすくなり、骨密度を高めます。さらに、体を動かすことで骨の血流がよくなるため、骨芽細胞の働きが活発にな…

続きを読む

筋肉痛はあった方が良いのか問題について。

4月21日(日)のRIZINにレスリングの先生が出ます。 武田光司選手です。 後ろの方に小さく映っているけど ここに写真が載ること自体すごいよね。 ご興味ある方はどうぞ。 https://gyao.yahoo.co.jp/special/rizin/?source=external.ad.store.SSpc 打撃系の格闘技やる人ってホントすごいと思う。 殴るのはまあ良いとして、殴られるのは嫌だよね普通。 なぜなら痛いから。 RIZIN.13 CM 僕に耐えられるのは筋肉痛の痛みまでだね。 筋肉痛ってそもそも何なのかって話なんだけど 簡単に言えば「筋肉の使い過ぎによる炎症」のこと。 じゃああまりよくない事なのかと言うと そうではなく、自分の身体を成長させる一つの目安と考えるとよいと思う。 筋力アップの際におきる超回復に必要な時間は約48~72時間 という観点から見て トレーニング後4日以上続くような痛みの場合やりすぎ。 場合によっては病院に行ったほうが良いかもしれない。 3日以内でなくなる筋肉痛の強度までが 今のあなたに適切な負荷の限界です。 ただこれはあくまで筋肉をつけるだけの話。 スポーツの場合は筋肉痛にならない強度で毎日技術練習をした方が良いと思う。 上達の技術 一直線にうまくなるための極意 (サイエンス・アイ新書)

続きを読む

リズムトレーニングに興味が出てきた。なぜならきっと楽しいから。

レスリングの合同練習に行ってきた。 息子は奥手なほうなかなか自分から攻めない。 だから僕は「自分のペースで戦いなさい」 とアドバイスをした。 練習後どういう風に自分のペースにしたのかを聞いたところ 「戦った」と言っていた。 深い・・・深い言葉だ‼︎ ・・・とは思わない。 自分のペースで戦う意味を理解していないのだと思う。 自分のペースとはつまり自分のリズムだ! というわけで、レスリングの後リズムトレーニングに行ってきた。 太鼓の達人をやりに。 これは冗談で言っているわけではなく 調子にのってプレイできる時というのは 頭の中に音楽がなっているようなもので 調子は英語でリズム。 調子にのる=リズムに乗る なのだ。 STAR CM Ver1 そうかー。よく考えたらカポエイラもリズムトレーニングになっているんだろうなー。 独特のリズムと動きだからなー。 ノリノリで戦うレスラーがいたら面白いよなー。 うん。やはり音楽は出来るだけ取り入れていこう! 実際体育の持久走中なんて音楽をかけているらしいしね。 CCJカポエイラ千葉支部松戸クラス 子供とさー。 よく体育で何をやったか話すんだけどさー。 ほんとよく考えられた内容だと思っていつも感心している。 授業にダンスが取り入れられたのも納得だよね。 JUST DANCE Wii 2

続きを読む

スロートレーニングで進化系筋肉ピンク筋を鍛えて桃太郎になろう!

今日はレスリングの合同練習に行ってきた。 途中駅前で号外を配っていて その内容は「東京にポケモンのタツベイが大量に発生‼︎」と言うものだった。 大量ゲットして一気にボーマンダまで進化させてやったぜ! 進化といえば筋肉も進化があるらしい。 筋繊維のタイプは3つある。 ・タイプI繊維(赤筋・遅筋・エアロビック繊維) ・タイプⅡA繊維(ピンク筋・速筋) ・タイプⅡB繊維(白筋・速筋・アネロビック繊維) 簡単に言えば 赤筋は持久力型の筋肉 白筋はパワー型の筋肉 そして注目すべきは進化系筋肉ピンク筋の存在。 ピンク筋は白筋に分類される筋肉で 白筋の進化型みたいな筋肉。 白筋の筋力アップは、高負荷・少回数が基本に対して ピンク筋の筋力アップは、低負荷・中回数(10〜30回)で長時間持続緊張が推奨されている。 スロートレーニングと言われる筋トレで 低負荷で長時間にわたり力を入れ続けるという方法。 2019年3月16日20時「世界一受けたい授業」にて新しいダイエット法として ピンク筋ダイエットが紹介されましたが 内容はゆっくりとしたシコ(スクワット)をやると痩せるよ的な話でしたが これはスロートレーニングの一つになります。 実際ダイエットの効果はあると思います。 子供にスロートレーニングをやらせるとしたら太極拳が面白そうかな。 堅持是學習陳氏太極拳的不二法門,持續認真的練習才是最快的捷徑。 ではアスリートにもこのトレーニングは有効なの…

続きを読む

応援ポチっとお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ