人は4つのタイプに分類され生き方に逆らってはいけない。

5AB1DDA3-79D9-4915-A883-92BDF9F20FAD.jpeg

前々から思っていたんだけど

うちの子のレスリングの構えは重心が後ろにある。

これだとタックルが切りづらくなり防御力が落ちてしまう。

何度も直そうと思ったのだけど

いつまでも直らなかった。

そもそも私がレスリングをやっていたわけではないので

このままで良いのかさえも正直わからなかった。

そこでオリンピックに出ているような選手の構えをよく見るようにして見た。

すると選手によって構えが全然違うのね・・・。



よく考えてみると他のスポーツでも選手の構えやフォームは結構ちがう。

そこで「身体の使い方」と言う単語でAmazon検索。

この本が見つかった。



人は生まれつき4つのタイプに分類される。

自分のカラダを理解すれば、

必ず、本来の能力が発揮できる!

そう書いてあった。



4つのタイプのチェック方法と

タイプごとのアドバイスが書かれている。

実際の有名スポーツ選手のタイプも書かれているので

その選手のような動きを真似すれば良い。

うちの子は伊調馨選手と同じタイプだった。

吉田沙保里タイプではなかったようだ。



伊調馨で検索したらパワハラ問題の動画ばっかりで泣ける(T ^ T)



たしかに人間の身体のバランスってそれぞれで

手足が長い人、首が短い人、頭が小さい人、猫背の人、腕が太い人、痩せている人・・・

身体の作りが違うのだからバランスのとり方もそれぞれあっていいはずだ。

型にはめるような指導方法はもう古いのではないだろうか。

そう言えば、ブルースリーや宮本武蔵なんかも

型はあってないようなものだ的な事を言っていたような気がする。

うろ覚えだが!!ドンッ!!!!


この記事へのコメント

応援ポチっとお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ