足底測定をしたら扁平足だったけど特に直そうとは思わない。

スポーツフェス的なやつやってたから行ってみた。 そこで足底の圧を測るコーナーがあったので測ってみた。 扁平足で、足幅狭くて、指先に体重が乗っていない。 結果としてはあまり良くない圧のかかり方と思われる。 だけどこの時点でわかってよかったと思う。 扁平足に関しては スポーツ選手がたまになる擬似扁平足も考えられる。 関節アライメント(骨の位置関係)に問題はなく 足の裏にまで筋肉がついてしまうパターンで 100m走の桐生祥秀選手や野球のイチローなんかも扁平足らしい。 正確にはレントゲンでもとらないとわからないけど 触診でもまあわかるかな。 あとで触ってみようと思う。 次世代スパイク / Yoshihide Kiryu はい。という訳で触ってきました。 確かに縦アーチがないね。 でも関節も筋肉も柔らかい足で 他動的に動かすとアーチもできる 赤ちゃんの足みたいな。 明かに大人の足とは触感が違うの どちらにしても小学生のうちの関節アライメントは確定してないので様子見か。 足幅が狭いのはなんでかなー。 僕も測ってみたんだけど僕はめっちゃ幅広だったから 遺伝ではないのかなー。 と思ったらワイフは幅狭だった。 ちなみはこれは僕の足 ↓ いつも小趾の付け根が痛かったから やっと納得できた。 靴があってなかったのね。 んで子供の結果で僕が一番気になったのは 足趾に体重が乗ってないこと。 それが扁平足の結果につながっている理由の…

続きを読む

スポーツテストで偏差値76.8とったけど、それでは勝てない件。

スポーツテストで総合評価A判定をもらった。 おめでとう。 偏差値も驚異の76.8 これは勉強だったら東大に入れるのではないだろうか!? 詳しくは知らんけど。 僕が思うのはやっぱりスポーツって心技体すべてそろって 初めて一流になれると思うのよ。 もしも「体」だけでいいのなら かなりいい線いってると思ううちの子。 なのに結果がいまいちなのは 「心」と「技」が備わってないからだと思ってる。 「体」に関しては専門なので彼に関わる部分も多い。 「技」に関しては専門ではないので先生達に任せる。 でも 「心」に関しては親の関わりで変わってくるのでは? と思っている。 というか思い始めた。 うちの子良くも悪くも優しいの だから何が何でも勝つとか やられたらやり返すとか 負けたら悔しいとか そういうのが少ない感じがするの。 ただ彼の中で 負けて悔しい時と 負けても悔しくない時があると思っている。 私と勝負をしてとくに悔しがるもの それはTVゲーム。 つまり勝つ自信が十分にあるもの 逆に悔しくないもの 腕相撲など まだ絶対的に勝てないものに関しては負けても悔しくないようだ。 当たり前だが真理はここにあると思う。 つまり勝てる自信がそもそもあるかどうか という気持ちの問題が負けず嫌いに繋がるのではないだろうか。 今後は 「俺様は神だ!俺様以外の宇宙に存在する生きとし生けるものすべての…

続きを読む

応援ポチっとお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ