ほとんど走らない息子がマラソン大会で3位を取った秘密。

マラソン大会で3等賞とったどー‼️ いやーめでたいめでたい。 おめでたいので赤飯を買ってきて子供に 「3等賞のプレゼントだよー」 って言ったら大泣きされた。 仕方がないので近くのコンビニに行って お菓子買ってやった。 マラソンはスポーツの中で最も努力が報われる競技だと思う。 あまり動きにセンスを問われないので 純水に走ったら走った分の心肺機能が向上するからである。 ただし、心肺機能を向上させる為に淡々と走ればいいかと言うと それは古い考え方で 最近はインターバルトレーニングが有効とされている。 インターバルトレーニングとは 高強度のトレーニングと弱強度のトレーニングを交互に行う手法である。 ダッシュ → ジョグ → ダッシュ → ジョグ → ダッシュ → ジョグ → ダッシュ → ジョグ みたいな感じ。 そしてその中でも最近 心肺機能強化トレーニングとして HIIT(高強度インターバルトレーニング)と言う手法が注目されている。 「20 秒間の高強度運動+10秒休む、を8回行う」 運動は全身運動なら何でもいいといった いたってシンプルなトレーニング手法であり 世界中のトップアスリートが今これを取り入れている。 CrossFit Tabata ほとんど走る事がない息子がマラソンで3位をとれたのは レスリングのおかげなのかなと思っている。 レスリングの練習は 30秒〜2分ぐらいのスパーと10秒の休憩を交互に繰り返す事…

続きを読む

テンション上げる指導者と下げる指導者の特徴。

今日はレスリングでメッチャしごかれてた。 いい練習だった。 先生がさ ただ怒るんじゃなくて けっこう強い口調なんだけど ちゃんと細かく動き方を指導してくれるの。 今日はテンション上がってたなー。 子供には色々運動をやらせているけど色んな先生がいて テンションを上げる先生と下げる先生がいる。 テンションが上がった時はいつもよりもいい練習ができる。 【ラグビー】試合より強烈!ハカ対決がインパクト強すぎる!W杯日本【Rugby World Cup Japan 2019】 テンション上げてくれる先生の特徴は、指導する時に笑わずに真剣。 テンションを下げる先生の特徴は、指導する時に半笑いしてバカにする。 いい指導者はどんな指導法であろうと 必ずそこに「愛」があると思う。 お前ならできる―甲子園を制した名将による「やる気」を引き出す人間育成術

続きを読む

スポーツの上達度は練習量に比例する。小学生のうちはね。

子供が何気なく体幹トレーニング道具で遊んでいた。 私が子育てをする上で最も大事にしている事は 「好奇心」をいかにして引き出すかである。 実のところを言うと スポーツは基本的にとにかくたくさん練習した方が上手くなる。 小学生の場合特にそうで、それが半ば無理やりだとしても スポーツの上達度は練習量に比例する。 ブルース・リー少年 RYUSEIの身体能力とトレーニング&カンフー【筋トレ】 ただこれは小学生のうちの話。 スポーツでも勉強でも強制的にやらせた場合 上に行けば上に行くほど伸び悩むことになるだろう。 本当に好きなことをやっている人間は 寝ても覚めてもその事を考えているし行動もしている。 それに反してやらされている子供はやらされている時間しかその事に関わらない。 小さい子供のうちは親がコントロールできるが 子供って反抗期もあるし、いずれ自立しなくてはいけない。 中学生で反抗期があると考えると 自立させる準備は小学生のうちにしかできないのだ。 だからと言って子供をほったらかしにするわけではなく 正しい方向、親の理想とする方向に導いてあげる必要がある。 あくまで強制的ではなく誘導してあげることが大事。 選択・決定するのは子供本人なのだ。 息子よ、そのおもちゃはパパが用意したトラップだよ。 いつのまにか体幹を鍛えられるよ❤️MTG 体幹トレーニングギア TAIKAN STREAM(タイカン ストリーム)アドバンス(全長:約820m…

続きを読む

応援ポチっとお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ