ミット打ちで姿勢が安定したまま前に進める様になる⁉️

パンチングミットを買った。 これはもう私が楽しみたいからと言っても過言では無い。 一緒にできるかなと思ってさ。 でも、パンチの動作って案外難しくて いろんな関節を可動させて打つし、連続的な動きだから 左右の腕を使って連続で石を投げるぐらいの難しさがあると思う。 ミット打ちの目的は 体幹の回線運動をスムーズに出来るようにする事。 山本キッドのパンチを打っていない移動中の動きがわかりやすい。 [HERO'S ミドル級決勝] 2005.12.31 山本KID徳郁 VS 須藤元気 この動きは、打撃系格闘技以外でも応用できると思う。 手を前に出した状態で動く可能性のあるスポーツ 思いつくところではレスリングやラグビーなんかかな。 パンチングミット LangRay ボクシング ミット 2個セット キックボクシング/テコンドー/ムエタイ/空手/格闘技 トレーニング など用

続きを読む

一流の選手は毎日の身体のメンテナンスが重要。

子供が通っているレスリングジムの先生 シドニーオリンピック日本代表 宮田和幸 先生の本 「一流の身体」のつくり方 いつでも「戦える体」をつくる方法が書いてある。 筋トレが大事だっていう本は色々あるが この本は毎日のメンテナンスも重要だという事が書いてある。 学生の頃からお金を払ってマッサージして貰う程だったらしい。 毎日の身体のケアをしているからこそ42歳で現役で総合格闘技を続けていけているのだと思う。 そんな宮田先生が本日2018年12月31日大晦日にライジンで引退試合をします。 【RIZIN】宮田和幸引退試合の相手は因縁の山本“KID”徳郁の甥・山本アーセンhttps://efight.jp/news-20181122_312698 応援宜しくお願い致します! そんな宮田先生は、毎日の身体のケアの一つとしてお風呂を推奨しているよ。 お風呂は疲労回復に有効なのはよく言われているが 改めてシャワー派からお風呂派に切り替えようと思う。 血流が良くなり、筋の緊張がほぐれ、疲労回復が促進されるからね。 「一流の身体」のつくり方 仕事でもプライベートでも「戦える体」をつくる筋トレの力

続きを読む

青竹踏みでスラックライン的な効果を得てみよう!

子供のうちは筋トレなんてするべきではない。 やるべきことの一つとしてバランス感覚を磨くことがあると思う。 接地スペースが少ない場所で立つ。 これが全身の筋肉の協調性を鍛えるトレーニングになる。 その名も青竹ラインと勝手に命名。 青竹の上で何回落ちずに方向転換できるかというゲーム。 ぶっちゃけ私負けましたけどいい勝負でしたようん。 スラックラインもいいけど 青竹ラインは気軽にできるし足裏のストレッチもできるから一石二鳥。 竹の精(Takenosei) スス竹 足踏み 41cm 39501B

続きを読む

応援ポチっとお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ